ロンドン裁判所がジュリアン・アサンジ氏の身柄引き渡しに関する判決を下す

Julian Assange UK appeal decision expected Tuesday: court listings

AFP通信

【Insider Paper】2024年5月20日6:36 am

https://insiderpaper.com/london-court-set-to-rule-on-julian-assange-extradition/
ウィキリークス創設者のジュリアン・アサンジ氏が、英国からの身柄引き渡しを回避するための最後の法廷闘争で猶予を勝ち取ったかどうか、5月20日(月曜日)に判明する可能性がある。

 

52歳のオーストラリア人である彼は、長きに渡る法廷闘争の末、スパイ容疑で米国の裁判にかけられることを認める判決を不服として、控訴の許可を求めている。

 

アサンジ氏の訴えを担当するロンドン高等法院の2人の裁判官は、3月にこの裁判を延期し、アメリカ政府の弁護士に対し、言論の自由の保護と、有罪判決を受けたとしても死刑にならないことについて「満足のいく保証」をするよう求めた。

 

これらの提出物は、アサンジが出席しなかった5月20日(月曜日)の審問で提出された。判事団はその直後に判決を下す可能性がある。

 

アサンジ氏の代理人であるエドワード・フィッツジェラルド氏は、審問のための文書提出で、死刑にならないという米国政府の保証を「明確なもの」として受け入れた。

 

しかし彼は、言論の自由報道の自由を保障する合衆国憲法修正第1条を、彼の依頼人が裁判で援用できるかどうかについては疑問を呈した。

 

アメリカ政府の代理人であるジェームズ・ルイス氏は、アサンジ氏の行為は憲法修正第1条によって「単純に保護されない」と法廷で述べた。

 

憲法修正第1条は、「違法に入手した国防情報を公表することで、罪のない情報源に重大かつ差し迫った危害の危険を与えること」に関しては、誰にも適用されないと彼は提出した。

 

成功すれば、アサンジは英国国内の法廷に戻ることができる。

 

もし敗れれば、5年にわたる法廷闘争の末、ワシントンやロンドンと言論の自由を求める運動家との間で争われ、速やかに身柄を引き渡されることになる。

 

アサンジの唯一の希望は、欧州人権裁判所に上訴することである。欧州人権裁判所は、「例外的な状況」があると判断すれば、身柄引き渡しの停止を命じることができる。

 

欧州人権裁判所は、「例外的な状況」であると判断すれば、身柄引き渡しの停止を命じることができる。

 

しかし、ルワンダに亡命希望者を送るという政府の計画を阻止した欧州裁判所とは別の係争があるため、これは不透明である。

 

5月20日(月曜日)未明、ロンドン中心部にある王立裁判所前には、数十人のアサンジ支持者が集まり、その多くはアサンジの顔が描かれたTシャツを着ていた。

 

「この男の命がかかっている」と83歳の彫刻家ジェニー・ウエストはAFPに語った。

 

「彼は他のすべてのジャーナリストの代表であり、差し迫った人道的状況なのです」と彼女は付け加えた。

 

アサンジは2019年4月以来、ロンドンの厳重警備のベルマーシュ刑務所に拘留されている。

彼はスウェーデンへの身柄引き渡しを避けるため、エクアドルのロンドン大使館に7年間立てこもり、性的暴行の告発に直面したが最終的には取り下げられた後、逮捕された。

 

米当局は、イラクアフガニスタンでの戦争に関する米軍の機密を漏らしたとして、アサンジを裁判にかけることを望んでいる。

 

彼は、2010年から米軍と外交活動に関連する約70万件の機密文書を公開したとして訴えられている。

 

米国はアサンジを1917年のスパイ活動法に基づいて告発しており、彼の支持者たちは、彼が175年の懲役刑を言い渡される可能性があることを意味すると警告している。

 

英国の裁判所は、米国がアサンジ氏を最も極端な刑務所である「ADXフローレンス」に入れないこと、また「特別行政措置」として知られる過酷な体制を取らせないことを誓った後、身柄引き渡し要求を承認した。

 

彼の支持者たちは、彼が直面している法的手続きを批判している。

 

英国での裁判手続きが腐敗していることは明らかです。ウィキリークス編集長のクリスティン・フラフンソン氏は先週5月15日(水曜日)、記者団にこう語った。

 

アサンジの支持者たちは、彼の健康状態は脆弱だと言っており、今週、欧州評議会は彼の治療について懸念を表明した。

 

米国は2018年から2020年にかけてアサンジを複数回起訴したが、ジョー・バイデン大統領は前任者ドナルド・トランプの下で起こされた訴訟を取り下げるよう国内外からの圧力に直面している。

 

バイデン大統領は最近、米国がオーストラリアからの告訴取り下げ要請を検討していることを示唆した。