ファイザーCEO、コビッドは単なる「リハーサル」だったと認める


【SLAY】2024年6月21日‐ 12:54 pm フランク・バーグマン著

https://slaynews.com/news/pfizer-ceo-admits-covid-just-rehearsal/

ファイザー社のアルバート・ブーラCEOは、コビッドのパンデミックとmRNA注射の展開は、はるかに大きなもののための 「リハーサル」に過ぎなかったことを認めた。

 

ブーラは、ワクチン・メーカーとしてのファイザーの将来についてほくそ笑みながら、この告白をした。

 

この製薬王は、コビッドのパンデミックが終わったので、ファイザーの最良の時代は過去のものとなったという報道に対して、自社を擁護していた。

 

「コビッドは私にとってリハーサルのようなものでしたから」

 

そして、ファイザーは次の 主要な病気 に対応してmRNA注射を迅速に展開できるようになったと自慢し続けた。

 

ブーラは、ファイザーは今や 癌をはじめ、今後数年のうちに様々なものを狙っている のだから、コビッドは取るに足らないものに思える、と示唆した。

 

速報:ファイザーアルバート・ブーラCEOは昨日、コビッドが試験的に使用されたことを認めると同時に、ファイザーの最良の時代はこれからだと思うと述べた。

 

「私はファイザーの最良の時代はこれからだと心から思っています。なぜなら、私にとってコビッドはリハーサルのようなものだったからです」

pic.twitter.com/ifQAoj890Q

- パトリック・ウェッブ (@RealPatrickWebb) 2024年6月19日

 

しかし、ブーラがファイザーにとってがんからの新たな収益「機会」について語ったのはこれが初めてではない。

 

スレイ・ニュースが先月報じたように、ブーラ氏は、コビッド・ワクチン接種者の間で世界的に急増しているターボがんの治療から、製薬会社が「ブロックバスター」の利益を得ることを期待していることを明らかにした。

 

2021年初頭にコビッドのmRNA注射が一般に展開されて以来、若く健康な人々の間で急速に発症するがんの症例が急増している。

 

世界中の腫瘍学者や一流の医師がこの問題に警鐘を鳴らしている。

 

健康そうに見える患者が、診断を受けてから1週間以内に死亡するケースが多いという報告も多い。

 

その発症の早さから、専門家たちはこの現象を "ターボがん "と呼んでいる。

 

世界的なターボ癌の流行がコビッドmRNA注射と直接関係していることを示唆する証拠が増え続けている。

 

多くの科学者が、癌の原因として注射に含まれるDNA断片の混入を指摘している。

 

しかし、壊滅的な影響は誰にとっても悪いニュースではないらしい。

 

ファイザー社のアルバート・ブーラCEOによれば、がん患者の急増は「ブロックバスター」的利益を上げるチャンスだという。

 

こうした新たな機会を祝して、ブーラは「がんはわれわれの新しいコビッドだ」とほくそ笑んだ。

 

一方、コビッドのパンデミックを試練と表現する強力なグローバリストはブーラだけではない。

 

世界経済フォーラム(WEF)の創設者クラウス・シュワブの娘は、コビッドパンデミックにおける専制的な規制は、来るべき 「気候封鎖 」の前兆であると宣言した。

 

ニコール・シュワブによれば、コビッドは、WEFのグレート・リセットアジェンダの先駆けとなりうる権威主義的措置に、国民がどのように従うかを試すとてつもない機会だったという。

 

若いシュワブによれば、WEFが推進する「気候危機」というシナリオは、「漸進的ではない変化を生み出し......自然を経済の中核に据えようとするもの」だという。

 

ニコール・シュワブは、2020年のWEFパネルディスカッションで録画された、最近発掘されたビデオの中でこの発言をしている。

 

「この(コビッドの)危機は、まず第一に、私たちがその気になり、私たちの生活に差し迫った緊急事態を感じたとき、物事は非常に急速に変化する可能性があることを私たちに示した」とニコール・シュワブは言う。

 

そして第二に、明らかに以前のシステムは持続可能ではないということです。

 

ですから、グレート・リセットを実現し、巨大な資金の流れを利用し、政策立案者が今日持っている増加したレバーを利用し、以前には不可能だった方法で、漸進的な変化ではなく、私たちが振り返ることができるような変化を生み出す絶好の機会だと考えています。

 

さらに、クラウス・シュワブのWEFは以前、パンデミックは将来の規制を課すために利用できる、大規模な世界的実験の役割を果たしたと主張した。

 

Slay Newsが2022年9月に報じたように、WEFは、コビッド・パンデミックに関連した閉鎖は、「世界中の何十億もの市民」が 気候変動 のために世界的な自由の制限に従うことを証明したと宣言した。

 

WEFが発表した記事の中で、WEFは「何十億」もの人々がコビッドの「制限」に従ったことを称賛し、二酸化炭素排出量を削減するという名目で同じことをするだろうと主張している。

 

タイトルは「マイ・カーボン」

 

包括的で持続可能な都市のためのアプローチと題されたこの記事は、一般市民にさらなる「制限」を課すために、同じ恐怖戦術が使われる可能性を示唆している。