【米】メディアは鳥インフルエンザの感染を人間のせいにし始めた

Chickens

【America First Report】マック・スラヴォ著 2024年6月24日 SHTFプラン

https://americafirstreport.com/media-starts-blaming-humans-for-bird-flu-transmission/

ミシガン州鳥インフルエンザ感染の原因は、人間と彼らが運転する乗り物であると「思われる」。

 

米国農務省によると、鳥インフルエンザは1月以来、州内の25の酪農家畜群と700万羽近くの鳥に影響を及ぼしている。

 

ミシガン大学の疫学・国際公衆衛生学の名誉教授であり、ミシガン呼吸器ウイルス研究・対応センターの共同ディレクターであるアーノルド・モント氏は、「鳥インフルエンザがどの程度広がっているかはわかりません」と語った。

 

しかしその後、モントは我々が知っていることを明らかにした。

 

PCR検査は、コビッドの時と同じように、感染者数を誇大にし、大衆をパニックに陥れるために使われているのだ。

 

ミシガン州でこれほど多くの牛肉が流通していると思われる理由のひとつは、他のほとんどの州よりも多くの検査を行っていることだと思います。

 

テストの正確さは、奴隷階級に押し付けられる物語を促進しない。

 

さらに、デトロイト公共ラジオ(WDET)のレポートによれば、鳥インフルエンザに対する恐怖を煽り続ける当局者は、ウイルスが人や乗り物を含む様々な経路で広がっている可能性が高いと警告を発し始めた。

 

米国疾病予防管理センターの報告によれば、少なくとも45人が鳥インフルエンザの検査を受け、550人が米国全土で症状について調査を受けている。

 

「疫学的所見によれば、罹患した酪農場間、および酪農場と家禽場間のつながりの大部分は、人、車両、設備を共有することによる間接的なものである」と米国農務省の報告書は述べている。

 

報告書はまた、感染した酪農場のほとんどが、家畜を輸送するために、使用前に清掃することなく、共有の車両を使用していること、そして、多くの酪農場には頻繁に訪問者があり、それが感染拡大の原因になっている可能性があることを明らかにしている。

 

「感染経路は乳房から乳房へのハンドリングや器具の移動であり、インフルエンザが伝統的に呼吸器を通して感染する方法ではないと考えられています。しかし、呼吸器症状を呈している牛もいるため、定かではありません」