スロバキアのロバート・フィコ首相は反ジャブ・反戦ポピュリスト

Slovak Prime Minister Robert Fico

【National File】フランキー・ストッキーズ 2024年5月15日

https://nationalfile.com/slovak-prime-minister-robert-fico-is-an-anti-jab-anti-war-populist/

ロバート・フィコ首相が5月15日(水曜日)に狙撃された。就任以来、彼はコビッド生物兵器の偽装とロシアとの戦争の芽生えを担当する国際秩序から軽蔑されてきた。

 

スロバキア反戦・反生物兵器首相であるロバート・フィコ氏が本日、首都ブラチスラバから約2時間の距離にあるスロバキアの町ハンドロバで会合を終えたところで銃撃された。

 

フィコ首相の銃撃と暗殺未遂は、このポピュリスト政治家が、生物兵器の義務化とロシアとの戦争に反対することを政府方針の一部とした後に起こった。

 

フィコは個人的にコビドジャブを拒否し、現職の首相に当選する前には反生物兵器デモに参加したことでも知られている。

 

スロバキアのロバート・フィコ首相は、左翼のポピュリスト、ナショナリストとして知られ、ロシアとの戦争を推進するNATOEUの権力構造とは反対の立場を積極的にとっている。

 

最新の情報では、フィコは「複数回」撃たれ、頭部と胸部に銃弾を受け、重傷を負ったと報じられている。

 
フィコはスロバキアの首相を2期連続で務めたことがあるが、昨年の議会選挙で、彼の政党である社会民主主義が、親ウクライナ、親世界保健機関(WHO)を掲げる当時の現政権に大勝し、再び首相に就任した。