日本のトップ腫瘍学者、コビッド19ワクチンは 「本質的に殺人 」であると語る


【Natural News】2024年5月17日 キャシー・B著

 https://www.naturalnews.com/2024-05-17-top-japanese-oncologist-covid-vaccines-essentially-murder.html

日本のトップがん専門医が最近、多くのアメリカ人医師が怖くて口に出して言えなかったことを率直に認め、大きな話題となった。

 

コビッド19 mRNAワクチンは 「悪の所業 」であり、「本質的には殺人 」に等しい。

 


このコメントは福島正紀医師が最近のインタビューで語ったものである。彼は京都大学で日本初のがん専門外来を開設し、薬剤疫学講座の責任者でもある。

 

彼は、アメリカの主要メディアが報道していない、特に憂慮すべき副作用を挙げた。これらのがんはワクチン接種後に出現し始め、進行が非常に早いため、医師が診断する頃にはステージ4になっていることが多いという。

 

これらのがんの急増は、コビッド19に関連したロックダウン中の治療やスクリーニングの見落としだけでは説明できないほど、がん全般による過剰死亡率の増加を伴っていると付け加えた。

 

また、ファイザー社のmRNAワクチンを2回接種した5日後に死亡しているのを妻に発見された28歳の男性のように、ワクチンを接種した直後の突然死も指摘した。

このようなことは、健康上の問題のない人でも、最近よくあることなのです。

 

彼は言った。

「深刻です。本質的には殺人です。最後に、これが私の考えであることをはっきり申し上げたい。」

 

福島医師にとって、最も積極的なコビッド19ワクチン接種キャンペーンを開始した国々が、イスラエルのように感染率、死亡率ともに最も高いのは当然のことである。

 

イスラエルは早期かつ広範囲にワクチン接種を行ったが、死亡率と感染率が最も高かった。積極的にワクチンを接種していない地域では、被害は少なかった。

 

予防接種を受けた人の数が増え、予防接種に関連した健康問題で医療を必要としている
彼は、日本政府はすでに2,000人以上の予防接種に関連した死亡を記録していると語ったが、彼はこの推定値は低いと考えている。

 

ワクチンに関連した問題で医師の診察を受けなければならない人が何万人もいます。

 

そのうちの3分の1近くが慢性疲労症候群や筋痛性脳脊髄炎などの問題を抱えており、ワクチン接種以降、多くの病気が急増しているため、問題は悪化の一途をたどっている。

 

残念なことに、これらの患者の中には、必要な配慮やケアが受けられない可能性もある。

 

パンドラの箱を開けてしまったようなものです......私たちはこれらの被害を深刻に受け止め、真剣に取り組まなければなりません。このような被害をなかったことにしようとする努力は、率直に言って悪の所業である。これは科学の悪の典型的な例です」と彼は主張した。

 

福島博士はまた、ワクチンの危険性を報道しない主要メディアに対しても厳しい言葉を投げかけた。

 

彼はまた、ワクチン批判者を反科学的な 「異端者 」と呼ぶメディアを非難し、これらの人々を黙らせた人々こそが科学に逆行していると述べ、彼らは 「信仰やヒステリー、あるいはカルト的な行動に近い 」と付け加えた。

 

そして、「私は今、医学だけでなく、科学と民主主義の深刻な危機を深く憂慮している 」と付け加えた。