スイス連邦首相、退任へ - また一人

スイスの政治家、ヴァルター・トゥルナー連邦首相

2023年8月17日【TLBスタッフ】

https://www.thelibertybeacon.com/swiss-federal-chancellor-to-step-down-another-one/


■ER編集部:  このスイスの政治家、ヴァルター・トゥルナー連邦首相を知っている人はあまり多くないようだ。

 

彼が「中道派」であることに注目してほしい。大統領に就任したアラン・ベルセ前保健相はすでに退任を表明していた。

 

情報筋は、大物政治家が辞任するか、政府の政策が突然変更されるかのどちらかに注意するようにと語っている。

 

大物政治家という点では、すでにアラン・ベルセ、フィンランドのサナ・マリン、ジャシンダ・アーダーン、ニコラ・スタージョン、マーク・ルッテ、フランツ・ティメルマンスなどがそうだ。全員がグローバリストの手先だ。

 

フランスのリンク https://www.laliberte.ch/news-agence/detail/le-chancelier-de-la-confederation-walter-thurnherr-se-retire/699603 も参照のこと。

 

連邦首相が退任 中道派のヴァルター・トゥルナー首相は8月16日(水曜日)、年内の退任を発表した。

アールガウ州出身のこの60歳は、連邦首相官邸のトップを8年間務めた。

 

2016年にコリーナカサノバの後を継いだ。中道派のカサノバはこの役職の唯一の候補者だった。

PDCは「バランスの党」であると主張し、この役職の権利を主張していた。

後任は12月13日、アラン・ベルセ総裁の後任と同時に任命される。

 

SwissInfo.ch(スイス連邦首相、年末に退任)からは、この突然の退任について特に理由は述べられていない。

トゥルンヘル氏(60)は2日、ベルンで記者団に対し、退任は政治的な悪意によるものではなく、何十年も公務員として働いてきたが、そろそろ潮時だと語った。

 

トゥルンヘル氏は連邦首相官邸のトップとして、政府業務の計画と調整を担当している。

7人の閣僚の1人に相当するわけではないが、それでも彼は毎週の政府会議に参加し、そこで諮問的な役割を担っている。

**********************************************************************************

トゥルナー首相辞任


ヴァルター・トゥルナー首相が、8年間務めた連邦首相官邸での職を辞することを発表した。

 

 

60歳の同氏は第8代連邦参事官で、中央党の代表だった。


マリオ・スタウブル、マルクス・ヘフリガー、ラファエラ・ビラーベルン連邦は夏休みから目覚めた。

 

ヴァルター・トゥルナー連邦首相は本日、辞任を正式に発表する。今朝、連休明け最初の連邦理事会で辞意を表明した。

 

トゥルンヘル氏は形式的には州政府の首席補佐官のようなもので、しばしば第8代連邦参事官と見なされていた。

 

連邦議会での投票権はないが、すべての会議に出席している。公の場では、主に洗練されたレトリックに優れた演説で名を馳せた。

 

トゥルンヘルの辞任は、彼がまだ60歳という若さ故の驚きである。

 

6月に辞意を表明したアラン・ベルセSP連邦議員の後任が決まるのと同じ12月13日に予備選挙を行う必要がある。

 

トゥルンヘル氏は中道政党に所属しており、連邦参議院に1議席しかないことをある程度補っている。

 

連邦宮殿で最も有力な人物の一人、トゥルナー氏は数十年にわたり、連邦宮殿で最も影響力のある有力者の一人と見なされてきた。