スペインで劇的な展開: 司法当局が10日以内にファイザーと交わした契約書をすべて明らかにするよう国に要求


【TLBスタッフ】2022年8月3日  BY: チェク・ディエン

https://www.thelibertybeacon.com/a-dramatic-twist-in-spain-justice-gives-the-state-10-days-to-reveal-all-contracts-signed-with-pfizer/



バレアレス諸島の司法当局は、コロナウイルスパンデミック時にスペイン領土に配備された抗Covid-19ワクチンのファイザー社および他の3つの製薬会社と締結したすべての契約を提供するために10日間の期間をスペイン政府に認めた。

 

 

このニュースは、スペイン・リベラルム協会を大いに喜ばせた。

 

 

同協会は、市民への配慮から、これらの契約書の公開を常に要求してきたのである。

 

 

「不幸は一人ではやってこない」ということわざがある。

 

 

ファイザー社はこのことをよく理解しているようだ。

 

 

いずれにせよ、ウルグアイの司法当局がアメリカの研究所からワクチンの化学成分に関する情報を入手することを決定してからわずか1ヶ月足らずで、今度はスペインのバレアリック司法当局がスペイン政府に対して、ファイザー、モデルナ、ジョンソン&ジョンソン、アストラゼネカと締結したすべての契約書を提供するよう要求する番となった。

 

 

いずれにせよ、これはLecourrier-du-soir.comがスペインのメディアUltimaHora.esからここ数時間のうちに得た情報である。

 

 

この情報源によると、バレアレス司法は、研究所との契約が秘密にされているという事実を激しく非難し続けるアソシエーション・リベラムとして知られる団体の要請を受けて行動したとのことである。

 

 

同メディアによると、同協会は、中央国家との法的対決において、島の住民549人の支持を得たという。

 

この情報は、スペインのメディアDiariodeMallorca.esによって確認された。

 

 

この事件の続報を待って、アソシエーション・リベラムはすでに7月29日にウェブサイトで発表したプレスリリースで喜んでおり、Lecourrier-du-soir.comではその全文を読むことができる。

 

 

その中で同協会は、裁判所がスペイン保健省に対し、スペイン国家とワクチン製造業者との間で締結された契約に関するすべての情報を提供する期限を10日間に設定したことを伝えている。

 

 

同協会は喜びを隠さない。

 

 

「リベルムの法務チームから、我々は前例のない法的突破口を積極的に評価しています。ついに、市民は社会全体から違法に盗まれた(隠された)これらの条項のすべてにアクセスできるようになるのです。私たちは何度も言っている。Covid‐19がすべてを決定するわけではない」と同協会は反論している。

 

 

リベラムはプレスリリースを次の3つのモットーで締めくくっている。

 

 

「私たちは勝つ、私たちは抵抗する、自由万歳」。

 

 

裁判所が国に対して、ワクチンに関するすべての情報を提供するよう要求したのは、これが初めてではないことを忘れてはならない。

 

 

昨年7月初めには、ウルグアイの司法当局がファイザー社製ワクチンの化学成分を公開するよう国に圧力をかけた。

 

 

 

そして、7月30日には、イタリアの裁判所も、反ワクチンに押されてファイザー社のワクチンの化学成分に関するデータを公表するようイタリア国に要求したことが報道で明らかになった。

 

 

 

問題の教師は、ワクチン接種を拒否したことで(上司から)制裁を受け、法的手段に出たのである。

 

 

スペイン政府は最終的に降参するのだろうか? 時間が解決してくれるだろう。

 

 

私たちのメディアはこの事件を注視しており、目に見えないウイルスとの闘いにおいてスペイン国家と自国民を対立させるこの法的対立の推移をお伝えするのを怠らないつもりです。